危険なアプリに気をつけて!自分の身を自分で守る、見分け方と対処法

>

スマホはパソコンと同じ!危機感を持つことが大事

悪質なアプリでどんな被害に遭うの?

悪質なアプリかどうかは一見しただけでは気づけないことが多いものです。
いつのまにかそのようなアプリをインストールしてしまっている可能性もあります。

悪質な危険アプリをインストールしてしまうとどのようなことが起こるのでしょうか。

まず、迷惑メールがやたらと届くようになった。
そんな状況になったら、メールアドレスなどの個人情報が流出してしまっている可能性が考えられます。

スマホの動きが遅くなったり、データ通信の使用量がやたらと多くなったりした場合にも、悪質なアプリがよからぬ動きをしている可能性があります。

その他、カメラが勝手に起動したり、不明な発信履歴が残っていたり、写真などのデータが突然消えてしまったりなど、明らかに「何かおかしいな?」と気づいたら、それは悪質なアプリのせいかもしれません。

どうようにインストールされる?

では、悪質なアプリは、どのようにしてスマホの中にインストールされるのでしょうか。

誰でも、怪しいと知りながらインストールする人はいませんよね。
この辺りの心理はもちろんよく研究されていて、私たちに怪しいと思わせないように巧妙にインストールさせるのが手口です。

androidの場合は、グーグルの公式ストアで様々なアプリを手に入れることができます。
アプリには有料のものもありますが、無料配布されているものが多数あり、悪質なアプリも無料で提供されているものが多くなっています。

一見、便利そうな機能を搭載しているアプリのように装いダウンロードさせようとするものが多く、中には動画再生アプリなどを装ってインストールさせようとするものもあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る